私たちの考える物流:循環型物流について

ウインローダーは、循環型物流で
トラックドライバーが幸せに働く運送会社を創造します。

循環型物流とは、モノをつくってから廃棄されるまでの一連の流れをワンストップで運用する物流です。
主に、動脈物流と静脈物流の二つから構成されています。

ウインローダーは、経営理念"良い会社になる"の実現を循環型物流を基盤とした運送事業で達成したいと考えています。

経営理念
「良い会社になる!」

一、社員の幸せづくりを行う。
一、お客様が満足する日本一のサービスを行う。
一、環境にやさしく、社会のお役に立つ。

経営理念
「良い会社になる!」

一、社員の幸せづくりを行う。
一、お客様が満足する日本一のサービスを行う。
一、環境にやさしく、社会のお役に立つ。

ウインローダーの循環型物流は、動脈物流については三多摩地区での運送ビジネスを展開するウインローダー、
そして静脈物流については家具や家電を中心に不用品とされたモノをリユースする事業エコランドから成り立っています。

動脈物流(ウインローダー)
三多摩地区の未来を創る

1950年の創業以来続く
三多摩地区の企業のモノの流れを
最大限にサポートする運送事業を展開。
三多摩地区随一の運送力で
地域に根差した物流を提供いたします。

静脈物流(エコランド)
いらない世界を変える

2007年に立ち上げた新サービス
お客様の使わなくなったモノを
エコ回収し、Re-use(再使用)、
Re-cycle(再資源化)、 Re-arise(再価値化)
を通じ地球環境にやさしい社会を創造します。
※エコランドのサービスページはこちらから

循環型物流の最大化

元々、三多摩地区の動脈物流を担うウインローダー単体で事業を展開してきた弊社が、静脈物流のエコランドを立ち上げた 理由は会社が向き合わざるを得なかった危機がきっかけでした。

1980年代、三多摩地区の集荷&配達を主力業務に飛躍的な成長を遂げていたウインローダーは、90年代に大きな曲がり角を 迎え「運びたくても、荷物が集まらない」時代に突入します。こうした中、ウインローダーは、減少が続く新しいサービスを 創る事で新たな運送需要を起こす事に挑戦しました。それがエコランド事業です。

現在では、ウインローダーとエコランドを合わせた循環型物流会社としてオンリーワンの価値を提供しています。 ウインローダーは、時代の半歩先を行く物流事業を通じ、社員が幸せに働けるような環境を創り続けます。