社員紹介

ヒトの教育にとても力を入れている会社です。
私は、キャリアだけでなく人生において役立つ価値観もこの会社で学びました。

栗田寛子 ドライバーになることが入社のきっかけだったのが

栗田寛子

入社20年目
ドライバーになることが入社のきっかけだったのが

Q.入社のきっかけについて

大学卒業後はトラックドライバーの運転手としてキャリアを積もうと思っていました。

大学では体育会に所属し体力に自信もありましたし、何より車の運転が好きでした。トラックドライバーこそ私の天職だと感じ、当時、女性ドライバー職を募集していたウインローダーに応募したのがきっかけです。

栗田寛子 ドライバーになることが入社のきっかけだったのが

Q.入社後のキャリアについて

当初は、ドライバーになる気まんまんで会社に入ってきましたが、結果的には今日まで全くトラックを運転する事はありませんでした(笑)。

入社直後の仕事が経理業務サポートだった事もあり、運送業務をサポートする事務業務でキャリアを積む事になりました。経理、営業、総務とバックオフィスを中心にもうかれこれ20年以上働いています。

また私は、この会社で積極的に取り入れていた5S活動(整理・整頓・清掃・清潔・躾の5つの要素からなる職場環境の維持改善活動)を社内に根付かせる為の推進役を担ってきました。こうした見えづらい地道な活動がビジネスにおいて中長期的な企業価値向上につながることを肌で感じています。

栗田寛子 ドライバーになることが入社のきっかけだったのが

Q.ウインローダーについてどう思うか

“運送事業を通じて社会を豊かにする”という強い使命感を持った会社だと思います。私自身は社員としてそうした経営姿勢が好きで共感を感じますし、だからこそ創業から70年にわたって持続成長出来ているのではとも感じます。

また、人の教育にとても力を入れている会社だと思います。私自身も様々な研修に行く機会がありましたが、自分のキャリアの軸になっている5S活動も含めて会社から色々な価値を学ぶ機会を頂いた事で生き方まで大きく影響を受けました。

栗田寛子 ドライバーになることが入社のきっかけだったのが

Q.オフの楽しみについて

一歳になる長男と過ごす時間が最も幸せな時間です。これまで仕事一辺倒の日々でしたが、子供が出来た事で自分の中の価値観が大きく変わりました。もちろん手が掛かる事はあるのですが、仕事と子育ての両立をする為に時間のやりくりが上手くなったりなど思わぬ副産物もあります。

子育てを通じ、毎日を充実して生活できています。

栗田寛子 ドライバーになることが入社のきっかけだったのが